鉄よりつよいもの。(旧)

KKTのブログ『鉄よりつよいもの。』のはてなダイアリー時代(2004年から2017年まで)のアーカイヴです。新規更新はしません。現在は新しいブログ http://kkt.hatenablog.jp/ をたまに更新

アルバム曲レビューその1

ニューアルバム『レインボー7』収録曲について何回かにわけて書いていこうと思います。収録曲順に書くのが普通だとは思いますが、あえてこの曲からw。

レインボーピンク

娘DOKYU!』で冒頭のセリフのレコーディング風景が流れて以来話題を巻き起こしてきたこの曲。どんな奇天烈な曲が来るのかと思っていたら、楽曲自体は思っていたよりまともだ(笑)、というのが第一印象でした。
メロディラインは往年のガールズ・グループを思い出させますし、チープさすら感じさせる打ち込みサウンドがベースとなっていますが、ストリングスやティンパニー(いずれも生のサウンドではありませんが)、コーラスの使い方は何気にスペクターやナイアガラっぽくもあったりして。
料理のしかたによっては普通のポップサウンドにもできたところを「あえて人工甘味料と合成着色料でコッテリデコレートしてみました」みたいな「いかにも作った感」を漂よわせています。それがイントロや間奏でのふたりのセリフとも相まって、この曲以外では味わうことのできない境地にまで達しているのがいろんな意味ですごいところです。


ちなみにセリフは最初に聴いたときには気が狂うかと思いましたが、3回聴いたら慣れてきて、このセリフあっての曲だと思えるようになりましたw。